tx_family_header

TX Adapter

TX AdapterはCRMパッケージ製品との連携パッケージです。クライアント・アプリケーション開発には、 TX-DP APIまたはTelephonyXミドルウェア(TX for PC Client/ for Java/ Web Service/for UC Server-P)、CT Connectを使用します。また、ルーティングを行うサーバアプリケーション開発には、TelephonyX Server Solutionを使用します。

TX Adapter for OnyX

開発不要、コンソナ社のCRM製品「コンソナ・カスタマー・マネージメント(旧ONYX)」との接続パッケージ、ONYXからのCTI操作を実現します。TX-DP GUIからの操作も可能です。

特長機能画面イメージ
  • 追加開発が不要なため、短期間で導入が可能
  • CRM画面内のボタンでの電話操作
  • 着信時に顧客情報を自動検索
  • 着信ダイアログ表示
  • 画面転送(転送先に顧客情報を表示)
  • マルチPBX対応
    • Unify、AVAYA、NEC、Cisco、Asterisk等、様々なPBXと接続可能です。
  • 主な操作
    • ACD操作:ACDログイン・ログアウト、受付可、後処理、離席
    • 応答(着信検知により、スクリーンポップアップが可能)、切断、発信
    • 保留、保留解除
    • 転送開始、転送完了(画面転送)
    • 会議開始、会議完了(画面転送)
  • 各種データ表示
    • 発信者番号・着信番号の表示
    • 通話参加者の電話番号表示
    • CallID・UCID・UUI等も表示
    • 各状態(通話時間・後処理時間等)の経過時間の表示
    • ACDステータスの表示
  • コンタクト履歴
    • ONYXの顧客管理機能のコンタクト履歴に通話記録が残ります。
tx_adapter_onx tx_adapter_onx_2

TelephonyX Adapter for FastHelp

開発不要、テクマトリックス社のCRM製品「FastHelp4」との接続パッケージ、FASTHelp4からのCTI操作を実現します。

クライアントの形式は、以下の3種類の選択ができます。

WEBブラウザWindowsフォームソケット通信
  • WEBブラウザのフレームに組み込む形式
    • FastHelp4のブラウザ画面内に、デスクトップフォンを組み込みます。
tx_adpter_fh4_c1
  • Windowsフォームで表示する形式
    • デスクトップフォンがFastHelp4とは別のウィンドウで使用できます。
tx_adpter_fh4_c2
  • ソケット通信する形式
    • FastHelp4 のブラウザ画面内のフレームに、デスクトップフォンのプロセス起動の画面を組み込み、別ウィンドウにデスクトップフォンを表示し、その間をソケットで通信します。
tx_adpter_fh4_c3