クラウド型 IP-PBX / コールセンターシステム

 

Qumo-Pはユニファイドコミュニケーションズが開発販売しているオンプレミス用IP-PBXおよびコールセンターソリューションのUC Server-Pをクラウドサービスとして提供したものです。
各電話会社の回線とはUC Server-Pの回線接続部分を切り出したvBOXやSIPBOXといった製品を用い、核となる交換機能、CTI機能、コールセンター機能をクラウド側に配備。
これにより従来よりご利用の0AB-J番号を変更することなく、クラウド型のIP-PBXやコールセンターシステムとすることができます。

Qumo-Pという名称ですが、UC Server-Pのクラウド版ということで雲のUC Server-Pから「くもぴー」となり、Qumo-Pというローマ字を当てました。
お読みになるときは「くもぴー」と発音してください!

 

 クラウドを利用すると次のようメリットがあります。

経済性

例えば席数が流動的な組織の場合、クラウドですと、その時(単位期間ではありますが)ご利用になる分だけの料金で済みます。
オンプレミスでかつ席数ライセンスの場合、設定も手間ですが、利用席数が減ってもライセンスを返却できるわけではありません。

 

 

 

運用保守の利便性

またシステム管理者の負担を軽減したい場合にはクラウドのほうが便利です。
オンプレミスの場合、ハードウェアの管理はシステム管理者が行うことになりますが、クラウドの
場合、ハードウェアの管理はサービスプロバイダーが行うので、ユーザ側では不要となります。

 

 

 

 

特徴

Qumo-PはUC Server-Pのクラウド版なので、全く同じ機能が使えます。

利用可能な電話回線
まず、数多くの通信事業者の電話回線との接続認証を取得しており、ほとんどの場合、従来よりご利用の電話番号をそのままで使えます。

選べる卓上電話機
複数の電話機をサポートしております。ご利用目的にあわせ、最適な機種をお選びいただけます。(別途、電話機購入が費用必要です。) 

ソフトウェアIPフォンも利用可能
オフィス向けにはCounterpath社のBriaが使えます。(別途利用料金が必要です。)
スマートホン、タブレット、PCで利用でき、シームレスなデバイス転送が可能。オプションでチャット、プレゼンス、スクリーンシェアといった機能が使えます。

日本の商習慣にベストマッチ
オフィス向けの場合、ダイヤルインだけでなく、部門番号への一斉着信やパーク保留といった日本のビジネスシーンにマッチした機能を搭載。業務スタイルを変える必要はありません。

豊富な実績のTelephony X
コールセンター向けではCTIミドルウェアに実績の豊富なユニファイドコミュニケーションズのTelephony Xをそのまま利用。APIも提供されるので、カスタマイズも可能です。また、Telephony X Desktop Phoneは着信ポップアップ、クリックコールなど、コールセンター業務に必要な機能を搭載。

CRM連携(オプション)
コールセンター向けにはTelephony XのCRM用Adapaterをオプション提供。
Aptean社ONYXやテクマトリックス社FastHelp4との連携が可能です。

 

 

2つのタイプ、Qumo-P オフィスとQumo-P コールセンター

 

Qumo-P オフィス

IP-PBX機能を実装し、小規模から大規模までのエンタープライズ仕様

機能一覧
【外線発信】外線発信、短縮ダイヤル発信、リダイヤル発信、発信履歴表示、着信履歴表示
【外線着信】マルチライン、ダイヤルイン、外線一斉着信、外線順次着信、外線着信鳴り分け、発信者番号表示、定時アナウンス
【外線保留・転送】取り次ぎ転送、自己保留、パーク保留、保留メロディ、不在転送・解除、話中転送・解除、DTMF送出
【内線発信】内線発信、短縮ダイヤル発信、リダイヤル発信、発信履歴表示、着信履歴表示
【内線着信】内線個別着信、内線自グループピックアップ、内線他グループピックアップ、内線順次着信、内線グループ一斉着信、内線番号表示、内線着信鳴り分け
【内線保留・転送】取り次ぎ転送、自己保留、パーク保留、保留メロディ、不在転送・解除、話中転送・解除、DTMF送出

価格
基本月額利用料:1席 980円
初期費用 : 1拠点137,000円から
  内訳:
  ゲートウェイ:1拠点 72,000円から
  現地事前調査費用 : 32,500円
  電話機および内線設定費用 : 10台ごと 32,500円
(電話機代及びソフトウェアIPフォン代は含まず)
電話回線はユーザ側での用意となります。

Qumo-P コールセンター

IP-PBX機能にCTI機能、コールセンター機能を追加し、2,000席まで対応可能。

機能一覧
【ACD機能】ACDグループ設定、ロンゲストアイドル、着信優先度設定、最大待ち呼数
【アナウンス設定】お待たせアナウンス、夜間アナウンス、待ち呼混雑時アナウンス
【エージェント機能】ログイン・ログアウト、後処理設定、状態表示
【CTI機能※】着信ポップアップ、プレビューダイヤリング、コンタクト履歴
※CTI機能はGUI付CTIクライアントTelephony X Desktop Phone、およびAPIでのご提供となります。
【レポート機能】ヒストリカルレポート、リアルタイムレポート

価格
基本月額利用料 : 1席 15,000円
初期費用    : 1拠点 280,500円から
  内訳:
  ゲートウェイ : 1拠点 148,000円から
  現地事前調査費用 :  32,500円
  電話機、内線設定およびエージェント用PC設定費用 : 10台ごと 100,000円
(電話機代は含まず)
CRM連携オプション:1席 5,000円